平穏無事記

40代から目指すFIRE!アーリーリタイアで自由な生活を目指すブログ

田園都市線・東横線ユーザーのお散歩に!洗足池公園でのんびり休日さんぽ

こんにちは、平穏無事記管理人のアザミです。

 

東急沿線近くに住んでいるので、東急のフリーペーパーをよくもらいます。

 

 

沿線の街の魅力を伝える記事が楽しそうだったり、食事が美味しそうだったりするので、電車に乗って遊びに出かけます。東急の戦略に完全にのせられてるなあ・・とは思うのですが(笑)

 

とはいえ、日々自宅と職場の往復ばかりではつまらない。結婚して引っ越してきたので、周辺には知らないものがいっぱい。いろいろな所へ出かけてみたいなと思い、たまにですがふらっと電車でお散歩に出かけます。

 

今回は、【洗足池公園】をご紹介したいと思います。

東急大井町線目黒線大岡山駅から徒歩10分~15分くらい。東急池上線洗足池駅は駅降りたら目の前が公園です。

 

訪れたことのない方に結論から申し上げますと、風情があって歴史も学べて、広すぎないので気軽にのんびりできるおススメスポットです。

 

大岡山駅からお散歩スタート!

 

15分くらいで公園に到着。

いきなり休憩所を見つけました。

あいにくの雨模様で、雨足が強くなってきていたのでとりあえず雨宿り。

新しくてきれいな休憩所でした。

コーヒーでも飲めそう。

 

 池の眺めが最高です。

静かで安らぐこの感じ好きです・・

 

池の周りを一周し始めると、

 馬の像がありました。

 

立派な馬体に圧倒されます。

 

源頼朝の愛馬だったそうです。

”池に映る月光の輝くように美しかった”とあります。

青毛】というのは黒毛のことなので、さぞかし黒くて逞しくピカピカとした馬体だったのでしょう。鎌倉時代というとまだ洋種馬が日本に入ってきていない頃と思われるので小柄な種類のはずですが、他の馬と比べて大きかったのでしょうか。いずれにせよ、鎌倉時代から後世まで語り継がれるなんてよっぽどの名馬だったのでしょうね。馬好きとしては想像力をかき立てられてしまいます。

 

 

池月橋

平成7年が初代で、平成28年に現在のものに架け替えられました。三連太鼓橋という造りだそうです。

 

鯉がたくさん泳いでいます。

黄色っぽいものや白っぽいものも!

黒っぽい鯉もいたんですが画像では見えませんね。

 

さて続いては、先月にオープンしたばかりの【勝海舟記念館】へ!

登録有形文化財 旧清明文庫でもあります。

リニューアルされて、勝海舟記念館として開館し、勝海舟の様々な実物資料を見学することができます。歴史好きな方は必見、そうでない方も一見の価値ありです。300円で見られてしまうんですもの、ありがとう大田区

 

写真OKなエリアにて。

こういうレトロな階段好きだなあ

 

いろいろな資料を見てとても勉強になりました。

勝海舟の、幾多の困難にも芯を通してやり遂げる精神力が本当に素晴らしいと思います。

 

勝海舟は洗足池の畔に別荘「洗足軒」を構え、生前よりお墓は池の畔と決めていて「富士を見ながら土に入りたい」と遺言を残したそうです。いまも洗足池の畔に眠っています。

勝海舟自身がお墓のデザインをした下書きが記念館にありましたが、デザイン通りのお墓でしたね。

 

さあ、これでだいたい洗足池公園を一周しました。

あいにくのお天気だったのですがのんびりと楽しめました。次は晴れた日に池のボートに乗りにまた遊びに来たいですね。田園都市線東横線沿線にお住まいの方もアクセスがいいのでふらっとお散歩におすすめです。