平穏無事記

40代から目指すFIRE!アーリーリタイアで自由な生活を目指すブログ

人生の幸福度が最も低いのは49歳との調査結果が出たらしい

f:id:heionbujiki:20200126103024j:plain

 

あなたは今、幸せですか?

もしこのようにアンケートで問われたときに、選択肢としてあるのは、とても幸せ、まあまあ幸せ、どちらでもない、あまり幸せではない、幸せではない、などでしょうか。もしくは10点満点で点数をつけるなどでしょうか。

 

人生の幸福度は40代後半が最低であるというアメリカの教授の調査結果が発表されたそうです。

 

人生の幸福度 47~48歳が最低

アメリカ・ダートマス大学のデービッド・ブランチフラワー教授が、人生の幸福度と年齢の関係について調査したところ、世界132カ国で、年齢とともにU字型カーブを描き、中年で最も幸福度が下がる傾向があることがわかった。

 

人生における幸福度が最も低い年齢は、先進国で47.2歳。発展途上国で48.2歳。日本は幸福度が最も下がるのは49歳で、そこから徐々に回復し、82歳以上で最高値に。

 

幸福度に影響を与えるとされるのは年齢により変化するものが多く、収入や子どもの有無に加え、健康や障害、結婚など、既婚者は単身者や離婚経験者に比べ幸福度が高いとの結果も。

40代といえば、失業や別居などのライフイベントが起こりやすいことから幸福度が下がることが考えられると調査を行った教授は分析している。

(FNN PRIMEサイトより引用)

 

このニュースを読んで、「え、これから幸福度は下がっていくの?」とアラフォーの私は、一瞬怯んでしまいました。

 

しかし、幸福度を判断するときに重視するものは人それぞれです。上記の調査の詳細は日本語のサイトでは見つけられなかったので、他の調査から幸福度について調べてみました。

 

少し古いデータですが、内閣府経済社会総合研究所の平成21年度国民生活選好度調査のなかで、幸福度を判断する際の重視する項目(性別年齢別)という調査結果がありました。それを読み解くと、幸福度を判断するときに重視するのは「家計」「健康」「家族」である人が多いことが分かります。(20代前半までは、「家族」より「友人」のほうが多いのですが。)

 

この調査の40代に焦点を当てると、女性は40~44歳で「家族」79.6%、「健康」73.2%、「家計」70.4%ですので重要視する人が多いのは「家族→健康→家計」の順となりますが、これが女性45~49歳になると、「健康」80.5%、「家計」78.9%、「家族」75.8%ですので「健康→家計→家族」と若干ですが変化するのです。ちなみに4番手は「自由時間」で40代前半と後半で変化はありませんでした。

 

40代後半の女性は、健康であることが幸福度の判断に非常に影響がある。

 

これは何を意味するのか?

 

やはり女性の場合、閉経がありホルモンバランスが崩れ、心身に不調を感じる方が多くなるのではないでしょうか。いわゆる更年期ですね。心の余裕がなくなって急に怒りっぽくなったり、めまいに悩まされたり、しびれがあったりと不調を抱えるアラフィフの方が周囲に何人かいたのを思い出しました。症状が重いと仕事を辞める方もいらっしゃいます。

 

閉経前後の5年、約10年間が更年期。もちろん長さやしんどさに個人差はあるでしょうが、10年は長いな・・と感じます。私は出来る限り長く仕事をしていきたいので、自身の体調が悪くても、他に家族の介護などの必要性が生じたとしても、何とか続けられる仕事のスタイルを今から考えなくてはいけないなと思いました。

 

世帯年収については500万円を境に幸福度の上昇はそれほど上がらないという話もありますが、その境は800万円であるとも1000万円であるとも言われます。家族構成やお金の使い方でかなり差が出るのでしょう。私たちの場合とにかく旅行好きなので、世帯年収は上げつつも、多忙で休みが取りにくい状態は避けたいというのが本音。ワークライフバランスは大切です。

 

人生の幸福度は右肩上がりとはいかないでしょうが、あまり下がらないように出来ることがあるならば今から実践していこうと思います。

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村