平穏無事記

40代から目指すFIRE!アーリーリタイアで自由な生活を目指すブログ

【英会話】ネイティブはPardon?ではなく何と言う?

f:id:heionbujiki:20200825140925j:plain

こんにちは!平穏無事記のアザミです!

How are you?

英語を勉強する最適解を見つけたので、これからは実践あるのみです!

 

  

中学英語を理解していれば、だいたい日常英会話を話せるのはいろいろな本でも言われていることですね。そこで、まずは「最近の中学英語事情てどうなんだろう?」と思い、とても気になったので、ググってみました。

 

最近の中学英語て? 

すると、「最近の中学英語では、This is a pen.から教えないんだ、まずは自己紹介から教えるんだぜ!」的なネット記事(社会人男性向け雑誌のネット記事)を見つけました。

 

さすがは令和だ、平成初期とは違うんだなと。もうpenがどうこう言わないのかな。ますます気になりました。

 

すると現在は確かに「教科書の挿絵とは一線を画す中学生にとってなじみのあるアニメ風のイラスト」であったり、「自己紹介や道案内などの実践的コミュニケーションが充実」していたりするようです。

 

でも自分で確かめるために教科書の内容を読み進めていくと…

それは載っていたのです…

 

penの呪縛

 

生徒:Ms.Baker,this is your pen,

先生:Oh,yes.That’s my pen.

生徒:Here you are.

先生:Thank you.

生徒:You’re welcome.

 

 

 a penがyour penに変わっただけやんけ!!!

 

イスから崩れ落ちそうになりました(笑)

久しぶりにPPAPを思い出してしまった…

私、ペンパイナッポーアッポーペンはMoritz Garthのバラードバージョンが好きです…あの物憂げにPPAPを歌い上げるのがツボです…

 

Padon?の呪縛 

本題に戻ります。

別の出版会社の教科書ではこんな文がありました。

 

Kumi:Hello.I am Tanaka Kumi.

Paul:Pardon?

Kumi:K-U-M-I.

Paul:I am Paul.Paul Green.

Kumi:Nice to meet you Paul.

 

 

え?初対面の相手の名前を聞き取れなくて、Pardon?って言っちゃってる…

まあ平成初期の授業でもそう習ったけどさ、変わってないのね。

ネイティブだったら聞き取れなかったときにPardon?とはまず言わないです。アメリカではあまり使わないと言われていますし、イギリス英語では皮肉的に使うそうです。

 

イギリスだと、例えば「あなた太ったんじゃない?」と言われたときに

I beg your pardon.

のように使うので、ニュアンス的には

「もう一度言ってごらんなさいよ!」になりますね(苦笑)

 

※イギリスを本当はUnited Kingdom=「英国」と表現したいのですが、英国英語といっても伝わりにくいのであえてイギリスと表記します。

 

Pardon?の言い換え

相手の言葉が聞き取れなかったとき、Pardon?でも間違いではありません。

より自然な英語で話すにはどのような言い方があるでしょうか?

 

 ・Sorry?(上げ調子で)*アメリカドラマでよく聞きます

・Excuse me? (上げ調子で)*アメリカドラマでよく聞きます

・What did you say?

・Could you say that again?

・I couldn’t catch that.

・Say again?(カジュアル表現)

・Come again? (カジュアル表現)*アメリカドラマでよく聞きます

 

 Come again?は【海外ドラマで面白いほど英語が話せる超勉強法】で、日本語では「何ですか?」であり、「もう一度お願い」というニュアンスであると書かれています。

 

せっかくなら自然なネイティブっぽい英語を身に着けたいですね!

 

聞き取れなかったときは、Sorry?やCome again?使っていきましょう!